iPhone7の予約販売購入を考えている方はコチラから素早く予約

最終更新日:2017年11月20日

iPhoneとandroidの違い

悩んでる女性 (2)

最近2年間使用していたiPhone5sからAndroidに乗り換えたので、その感想を述べたいと思います。まずAndroidに乗り換えた理由をお話ししましょう。

私はiPhoneとiosを非常に気に入っていたのですが、契約していたキャリアがauでして、月額の料金がおよそ7000円程もかかっていました。そこで、料金の安い会社のsimカードを利用して、simフリーのスマホに乗り換えることにしたのです。

しかしながら、simフリースマホとしてはiPhoneは非常に高価で、何年も同じ機種を使いつづけるならまだしも、iPhoneは短いスパンで新作が発表されることから、ほぼ確実に2年以内には買い替えることになります。そこで、iosとAndroidの比較もかねて、現在購入できる安価なAndroidのsimフリースマホを購入することにしたのがAndroidへ乗り換えた経緯です。

乗り換えの理由はこれまでにしておきまして、さっそくiPhoneとAndroidスマホの違いをレビューしていきたいと思います。今回は画面サイズとボタンの関係から両者の使いやすさの違いについて述べようと思います。
私の使用していたiPhone5sもしくはiPhoneSEは4インチサイズの画面です。

私は個人的にはこのサイズが一番使いやすいサイズであると考えています。理由は単純で、片手で使用するときに画面の隅まで親指が届くからです。よって今回スマホを乗り換える際にもAndroidスマホとしては比較的画面の小さい4.5インチのものを購入しました。

たったの0.5インチの違いなのでそんなに変わらないだろうと予想していたのですが、実際はかなり使いづらい印象を受けました。それは使いやすさは画面のサイズだけでなくボタンの配置にも関係していたからです。ご存じのとおり、iPhoneは画面の真ん中下にボタンが一つ配置されています。一方、Androidスマホには画面下に3つのボタンが配置されています。そのうちの左側のボタンには戻る機能が割り振られており、非常に利用頻度が高いです。そこに使いづらさの理由があります。

この左側のボタンは右手だけで押そうとするときに親指で触れようとすると、けっこう無理をする必要があるので指がかなり疲れてしまいます。しかし、iPhoneの場合は真ん中にボタンがあるので親指で押すのにも無理がありません。

よって両者とも画面のサイズにはあまり違いはなく、指の届く範囲もあまり変わりがないのですが、使用頻度の高いボタンの配置によって明確な使いやすさの違いが表れてしまっているのですね。

以上が私がAndroidスマホに乗り換えて感じたiPhoneとの違いです。また、今後新しくスマホを変える予定があり、さらに私のように画面サイズに不安がある方は、ボタンの配置にも考慮に入れて購入すると良いかもしれません。

iPhone7[アイフォン7]予約販売購入はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です